眼精疲労に効くサプリ!

 

眼精疲労の回復に効くサプリ成分

 

眼精疲労は単に目の疲れに留まらず、肩や首のこりやめまい・立ちくらみなどの症状も合併することのある、非常に不快な症状をもたらす健康問題です。

 

そのまま放置すれば悪くなるばかりですし、デスクワークなど日常的に目を酷使する職業の方は放置して自然によくなるということはほとんど期待できないため、積極的に眼精疲労回復のために取り組まなければなりません。幸いにも、眼精疲労に効く栄養成分というものは数多く知られており、サプリメントとしても多く商品化されているので、これらを利用するのが手軽でいいでしょう。

 

まず、眼精疲労に効く成分として最も有名なのがアントシアニンです。ブルーベリーの色素として知られるこのアントシアニンは古くから視力が必要な職業の方に用いられてきており、第二次世界大戦では夜間に飛行機を操縦する必要のあるパイロットにブルーベリーが配られたという話は有名です。

 

アントシアニンは網膜がとらえた情報を脳に届けるために必要な色素であり、この成分がしっかり満たされていれば眼精疲労もその付随症状も抑えられることがわかっています。

 

ルテインも目の健康に関わりの深い栄養成分であり、目への紫外線ダメージを防ぐ働きがあり、白内障や緑内障予防に役立つとして知られています。目の働きに必要な栄養素であるため、眼精疲労の改善にも役立ちます。

 

また、血流を改善するためのDHA・EPAや、粘膜の生育に必要なビタミンAなどの基礎栄養素ももちろん重要です。基礎栄養素を食事からしっかり摂った上で、サプリメントを利用することを忘れないようにしましょう。

 

眼精疲労の基礎知識

 

今社会問題の一つとさえ認識されている眼精疲労、単なる目の疲れに留まらず様々な全身症状が引き起こされる非常に辛いものです。

 

眼精疲労という症状自体は周知された感がありますが、その重大さまではしっかりと認知されているとは言いがたいのが現実です。

 

眼精疲労というものをしっかりと知り、特に眼精疲労リスクの高い仕事を行っている人は、眼精疲労を予防するため十分な注意を払う必要があると言えるでしょう。

 

眼精疲労は目の疲れに起因し、様々な不快な症状を引き起こしている状態を指します。きっかけは目の疲れであっても、頭痛や耳鳴り、胃腸不良、手足のしびれなど非常に多彩な症状を引き起こします。

 

そして眼精疲労を発症する人は病院で診断を受けると、ドライアイなど何かしら目の問題が見つかることから、目の状態によって重い眼精疲労が起こるリスクが高まると考えられています。

 

眼精疲労は目の疲れによって起こりますが、目や視覚と言うのは起きて目を開いている限り常に働き続けているものであり、程度の差こそあれ誰でも疲れると言うことは起こりうるものです。

 

従って前述の通りドライアイなどの軽微な目の障害や結膜炎と言った病気などを引き起こすことこそが眼精疲労の現実的な大きな原因とも言えます。

 

特にデスクワークでパソコンの画面を凝視したりすると、目の疲れより何より目が極度に乾きドライアイになることが多いため、特に注意が必要と言えるでしょう。

 

眼精疲労は白内障、緑内障などの原因に…

 

パソコンやスマートフォンなど、現代では電子機器が多くの人にとって生活必需品となっていますが、それに伴って急激に増加しているのが眼精疲労。眼精疲労は単なる目の疲れと思って軽視する人が多いのですが、酷くなると取り返しのつかない事態を招きかねません。

 

眼精疲労が進行すれば慢性的な肩こり・首こり・頭痛などに悩まされるようになり、終いには白内障・緑内障の引き金にすらなることがあるのです。

 

眼精疲労は目の疲れといっても、その疲労の影響は目のレンズを引っ張る筋肉から眼底の広範囲の毛細血管まで、影響範囲は多岐にわたります。

 

特に視神経は大量の酸素と栄養を必要とする脳組織の一部ですので、眼底の毛細血管は目の健康にとって非常に重要であり、眼精疲労による毛細血管への影響は深刻です。

 

栄養供給が鈍ったことによって目のレンズが濁ってくると白内障となってしまいますし、血流障害に対する防御反応として血管新生が起き、その血管が神経などを傷つけたりすると緑内障を引き起こします。そして、これらの疾患は手術などを行わない限りは回復しない重大な影響です。

 

最初にも述べましたが、眼精疲労はこのような取り返しのつかない重大な疾患を招きうる健康リスクです。眼精疲労の予防や初期での解消は決して難しいことではありません。それを面倒がって放置すれば将来の目の健康を脅かすのですから、早いうちから目の健康を気遣ってあげましょう。