眼精疲労の治療方法

眼精疲労が酷くなると肩が凝ったり頭痛がしたりと目以外の部位に症状が出始めます。そこで各部位に対症療法的アプローチ、例えば肩をマッサージしたり頭痛止めを飲んだりすることで対処しようとするものですが、それは眼精疲労によるものである限り効果はありません。

 

場合によっては一時的に多少の改善を見るかもしれませんが、目の疲れや目の障害が治らない限りすぐに再発することとなります。

 

眼精疲労の諸症状を緩和する、または治すと言う場合、目の疲れを取ったり目に起こっている問題を治療しなければなりません。

 

少なくとも一度は病院で見てみることを強く推奨しますが、自分でもできる対処法として眼精疲労の進行を止めるアプローチと、目の疲れを取るアプローチを平行して行っていく必要があります。

 

眼精疲労の進行を止めるためには、とにかく過剰な目への負担を止めなければなりません。目の疲れはとにかく一点を凝視することによって強く蓄積していくため、長時間凝視することを意識的に止めたり数秒目を瞑るなどして涙の分泌を促すことが重要です。

 

作業に集中していると忘れがちになるため、パソコン作業の場合はモニタの脇に付箋などを貼っておくといいでしょう。

 

疲れを取るアプローチは、定期的に休憩を取り目の上に暖めたタオルを乗せるなど、目の周りの血流改善に効く対策を取ると効果的です。目の上を優しくマッサージするだけでも眼精疲労の度合いが大きく変わってきます。