眼精疲労を緩和するマッサージ

眼精疲労によって身体症状が出始めると、どうしても身体症状の出ているところにマッサージがしたくなるものです。例えば肩こりが起きたり首が重くなると、そっちをマッサージしたくなるものですが、目の疲れが解消されない限りは肩や首の症状も改善されません。

 

よって眼精疲労を感じる場合は積極的に目のマッサージを行いたいものです。目のマッサージをしっかり行うことで目の周りの筋肉がほぐれ、血流が改善し疲労物質が早く運ばれることとなります。

 

眼精疲労を取るマッサージとしては、単に目を瞑り目の上から円を描くように優しく手で回すだけでも非常に効果があります。

 

これは筋肉をほぐすのみならず、目の周りに優しく刺激を与え涙の分泌を促す点でも眼精疲労解消に効果的です。涙の分泌を特に促したいドライアイの人は、目の上部を中心にしっかりとマッサージすると良いでしょう。力を入れる必要は全くありません。

 

また血流改善に重きを置く場合、暖めたタオルを目の上にかぶせるのも非常に効果的です。これは何より気持ちが良くリラックスできるため、休憩時に気分転換やストレス解消も兼ねてお勧めしたいものです。

 

多少熱めに暖めたタオルを目の上に長めにかぶせることで血流改善、涙などの体液分泌の促進、疲労物質が血液によって運ばれることの促進効果が見込め、目の疲れが取れるのみならずスッキリすることで作業効率もアップすることでしょう。