眼精疲労を緩和するメガネ

最近、パソコンやスマートフォンなどのモニタに関連して「ブルーライト」などの言葉を耳にすることは無いでしょうか?ブルーライトとは波長の短い高周波数の光であり、主に青色を示すためブルーライトと呼ばれています。

 

パソコンなどのモニタから照射される光の内、特に青色のブルーライトが目に不可逆な損傷を及ぼす強いエネルギーを持っていることがわかっています。

 

特に長時間反復的にこの光を網膜が浴びると、回復までに時間がかかり回復しきる前にブルーライトによるダメージがさらに蓄積し、不可逆的な損傷がもたらされるとされています。

 

近年ではスマートフォンの普及により長時間このブルーライトを浴び続ける人も非常に多くなっており、無視できない問題となっています。もちろん眼精疲労の大きな大きな原因の一つでもあり、ブルーライト対策は長時間モニタを見続ける人にとって必須となっています。

 

そして今、各社からこのブルーライトをカットするメガネが販売されています。ブルーライトのみをカットするこれらのメガネは、長時間凝視し続けると角膜のダメージ回復が間に合わなくなる強さのブルーライトのみを排除するため、完全にダメージを0にするわけでは無いものの特に長期的な目への悪影響を防ぐ効果があるとされています。

 

目へのダメージ軽減はすなわち眼精疲労軽減にもつながり、その効果は大きく、度付きのメガネにもブルーライト軽減効果付きのものが販売されるようになってきています。