眼精疲労に効く目薬

眼精疲労に特に悪いのが目の乾燥です。これが常態化したドライアイは眼精疲労のリスクを非常に上昇させることがわかっており、目の乾きは意識的に解消する必要があります。

 

ドライアイの傾向がなければ作業の合間合間に数秒目を瞑ってみるだけでも十分な効果が得られると思いますが、ドライアイが進行してしまうとどうしても涙の分泌量が足りず、作業中に目が乾いてしまうこととなります。そんなときには目薬の力を借りてみるのを検討してみてはいかがでしょうか。

 

ドライアイの程度や目の状態によって適する目薬も異なりますが、まず単純に水分を補うだけでも大きな効果が得られることは確かです。ただし注意が必要なのは、真水を目に差しては絶対にいけません。

 

浸透圧の問題で生理食塩水より塩分の低い水を粘膜に差すと粘膜側の水分が失われ障害を起こす可能性がありますし、単純に痛みます。目薬の中には特別な効果の無い、涙と同じ塩分濃度のただの水分補給のためだけの目薬があります。

 

ソフトサンティアなどの商品名で知られますが、保存料を使用していないことから薬による目への刺激だけでなく保存料によるリスクも無い、特別な効果は無いものの安全な水分補給用点眼剤として多くの人が愛用しています。まずはここから試してみると良いかもしれません。

 

また高機能な目薬には目の周りの筋肉をほぐしたり、血流を改善して疲労物質が早く運ばれるようにするなど、より直接的な効果が得られるものが多くあります。前述の単純な水分補給用目薬で足りなければ、これらをいろいろ試しつつ自分の目に合うものを探す必要があります。