眼精疲労に良いルテイン

人間の目の奥にはいくつかの色素が存在しており、紫外線など光が照射することによる細胞への影響を防いでいます。これは植物が直射日光による紫外線の影響を逃れるために葉や花に色素を蓄えるのと同じ理由であり、そして人間の網膜と一部植物の花弁には同じ色素が蓄積されています。それがルテインです。

 

ルテインは光を吸収して遮り、その奥の細胞への影響を防ぐ作用のある色素です。人間の網膜にはもともとルテインが蓄積されており、自然植物ではマリーゴールド花弁などキク科の植物の花弁を中心に広く存在しています。またルテインは生体内で強力な抗酸化物質としても働くため、目の組織や血管の酸化を防ぎ、若々しい目の機能を保つためにも非常に重要です。

 

そんなルテインですが、人間は植物のように体内でルテインを合成することはできないため、ルテインの補給は経口摂取頼みです。しかしルテインは一般的な食材からはあまり摂取できない上に、加齢に伴い体内の保持量が急激に減少していきます。特に電子機器をハードに扱う環境にいる人にとっては、20代後半あたりからすでに意識的な摂取が必要といえるでしょう。

 

眼精疲労の予防にも回復にも重要なルテインは、緑黄色野菜や卵などを意識的に食べればある程度の補給は可能ですが、集中的に補給するならばサプリメントを活用するのが一般的です。マリーゴールドなどから抽出された高濃度の天然ルテインは現代人の目を癒やす重要な役割を担っています。