眼精疲労に良い食べ物

眼精疲労を改善する食べ物として長らくもてはやされてきた食材にブルーベリーがあります。ブルーベリーに含まれる独特の抗酸化物質であるアントシアニンは紫外線から自身を守るために実に集積させている色素であり、人が摂取すると目の機能を上昇させたり、暗所での視力を高めたりする効果があります。

 

また抗酸化物質としても非常に高い抗酸化作用を持つため、活性酸素による障害を予防する効果があり、これは目に限ったことではありません。

 

ブルーベリーの目に関する効果が注目されるきっかけとなったのは第二次世界大戦時のパイロットがブルーベリーを食すことによって視力の向上を感じたと言うエピソードです。これは各所で残っており、特に夜間飛行中の影響が大きかったとされています。

 

この効果にいち早く気付いた国ではパイロットにブルーベリーやベリー類の植物を多く食べさせたなどの記録が残っており、現代でその効果を検証してみるとその効果は確からしいとされ、今では目に関するサプリメントにもブルーベリーやビルベリーなどが多く用いられています。

 

またその他にも、目の粘膜の状態を整えるにはビタミンAが非常に重要です。ビタミンA欠乏症の症状の一つに夜盲症がある通り、ビタミンAが欠乏すると目の粘膜が障害を受け、一部の目に関する機能が低下したり失われたりしてしまいます。

 

また目に限らず粘膜が全体的に影響を受けるため、過剰症が重い栄養素として知られてはいますが不足しないように気をつけなければならない栄養素でもあります。